奈良 大和西大寺 首痛・肩こり・腰痛・自律神経失調症なら、柔らか整体

緊張し過ぎた身体を元に戻す

奈良柔らか整体/荒木整骨院

奈良ファミリー東隣
駐車場連絡橋北側ビル2F

         ミヨ ヨクナル

0742-34-4970
診療予約受付時間
AM7:00〜PM7:00
休診日・時間外は携帯転送対応

整体・整骨施術についてのご質問

よくあるご質問

ここではよくあるご質問をご紹介します。

肩こりがひどくてマッサージに行ったりするのですが、その時は気持ちいいのですが、後が疲れてしまい余計つらいです。そちらではそのようなことは大丈夫でしょうか。

大丈夫ですよ。そのような状態にならないよう心がけます。

これは、もみ返しという状態になっていると思われます。あなたの体にとってマッサージの刺激が過剰なため、筋繊維に微細な損傷が起こり、それを体が修復する時起こる現象です。

風邪をひくとウィルスと戦うため体が疲れやすく又、だるくなるのと良く似ています。
そして、マッサージの時気持ち良いと感じているのは「頭」です。体では刺激が負担になっていたかもしれません、頭で理解する事と体が感じている、もしくは体の状態が一致するとは限りません。
あなたの場合は、より体に優しい刺激が必要だと思われます。
やさしく効果的な動きを伝えるよう心がけます。詳しくは柔らかな感覚Gentlをお読みください。

 

 

疲れやすく体が重いのでヨガに通っていますが、初級クラスでも疲れてフラフラになり身体のあちらこちらが痛みます(本当に簡単な動きです)体力が全くないのですが、治療を受けることが出来ますか。

体に負担がかかるような事は無いと思われますので受けていただけます。

体力が無いのではなく、無駄に使いすぎていると考えられないでしょうか。
無駄のひとつに体のゆがみがあります。体がゆがむと生体は、反射的にゆがまないように筋肉を緊張させ頑張って姿勢を維持しようとします。
その結果、体はゆがんでいない様に見えます。代わりに四六時中緊張状態を強いられる事になります。何年もの間続くと慣れてしまい、過緊張の状態に気づかなくなります。しかし、結果的な症状は感じているのではないでしょうか。
ゆがんだ状態を直して、過剰に緊張せず体を支える事が出来れば、体力は温存され日常生活やヨガ等に還元され楽に体を動かす事ができると思います。
自動車に例えると、サイドブレーキを引いた状態で走っている様なものではないでしょうか?
スムーズに動きませんし、ガソリンもすぐ減ってしまいます。
エンジンを強くしてパワーを上げるより、サイドブレーキを下ろす作業を一緒に行いましょう。

 

 

先生は、治療をしていて身体が疲れたり、肩が凝ったりしませんか?

いちばんよく聞かれます。
今は、皆さんが思われるほど疲れませんし凝ることもありません。

このような状態は、身体に過剰な力を入れてしまい、緊張すると現れやすいのです。
治療は、過剰な力を入れなければならないような条件下ではなく、力を入れなくても動けるような条件を整えますので、スムーズに力を伝えることが出来るので楽です。
 
例えば、スポーツやダンスのように身体を動かしてパフォーマンスを発揮する際、初心者は身体の動きに協調性が乏しい為、力で身体を動かそうとしますので、過剰に力を入れすぎてしまい体力が浪費し、疲れやすかったり肩が凝ったりします。
結果、身体がギクシャクし、動きが硬くなりますが、動きに慣れてくると、身体の細部において動きの協調性が高まり、少ない力で軽やかな動きが出来るのと同じです。

 

 

鍼(はり)治療はされないのでしょうか?

鍼は使いません。しかし、鍼灸理論は応用します。

東洋医学において「気」という概念は絶対不可欠です。
鍼灸治療は、この「気」が身体を支配するエネルギーと考え、このエネルギーの強弱濃淡を鍼を使ってバランスをとり、平常を保つよう操作します。しかし、現在私は、まだ「気」という概念についてよく認識できていません。
したがって鍼灸師でありながら鍼、灸は使いません。ただ、鍼を刺すことだけが鍼灸治療とは限らないと考えており、「気」を「力」に置き換えて、この力が身体の中で気とよく似た作用を及ぼしていると経験的に感じています。
この物理的な力は、気と同じ様に目には見えませんが、絶対的に存在します。人は、この大宇宙に存在する以上、絶対避けることは出来ませんし、否定することもできません。この力が身体の中で、均一に存在することが理想と考えますが、この力の不均衡が身体を歪ませる要因として「気」と近い存在だと思います。
このようなことから「気」を「力」に置き換え、東洋思想の考え方も含め、身体を多角的に捉えていきたいと考えております。

 

 

 

マッサージをしてもらうと「筋肉が固くて指が入らない」と云われ、より強く揉んでもらいます。後スッキリするのですが、すぐ元に戻ります。
こんなに固い身体でも柔らかい治療で効果は現れますか?

柔らか整体は、固い筋肉を揉みほぐすのではなく、固くなる必要性が解除される様、筋肉や関節を本来の動きに近づけていきます。

揉みほぐす事と筋肉や関節の動きをつける事の違いは、施術者の身体の使い方が違います。
強く揉みほぐそうとする時、術者の筋肉に力を入れて身体を固め、緊張を維持した状態で行うと、その緊張がダイレクトに伝わり、患者が無意識に筋肉を緊張させてしまうのに対して、柔らか整体は術者身体の力を抜いてリラックスした状態にします。

そして力を伝える動作においても力を入れず、その瞬間力を抜いて動作を始めます。(普通、動作を行う時力を入れますが、柔らか整体は、動作を行う時力を抜いて動き始めます。ですので普通の動作とは真逆の身体の使い方になります。)
そうする事で施術者の身体は動きやすくなり、その動きを無駄無く合理的に相手に伝えると相手にも動きが生まれます。
動きが生まれると固まっているとは云えない状態になりますので効果的だと思います。
 
筋肉が固いからと云って、あまり強く揉んでしまうとより筋肉が固くなる場合があります。
なぜなら筋肉は、強い刺激に対して筋組織がつぶれて損傷しない様に筋繊維を緊張させ、そして固めて筋組織を外力から保護しようとします。
そのように、強い刺激に対して筋肉を固くして対応すると、より強い刺激が必要になる、いわゆる揉みグセがついたりします。
揉んでもらっている時は気持ち良いかもしれませんが、気持ちとは裏腹に筋組織は、つぶれて損傷しない様に必死でこらえて緊張し、揉み終わると、こらえる必要がなくなるのでスッキリするかもしれませんが、筋肉の緊張が解除されたわけではないので元の状態とあまり変わりがない事があります。

診療時間

月・水・金
AM9:00~PM7:00
火・土・祝

AM9:00~PM1:00

木・日=休診


祝日は午前診あり、木曜日の祝日は休診です。
診療申込みの方は下記電話番号までお電話ください。
 

みよ  よくなる
0742-34-4970

ぎっくり腰対処法

腰痛持ちはへっぴり腰を直そう!

腰痛改善運動対策は、四股踏みが一番!!

猫背解消運動はコレ!

腱鞘炎解消
exercise!

Q&A

腰痛・ぎっくり腰編
ひざの痛み編
外反母趾編